徳川家康の母「於大の方」

「於大の方」 桑山賀行 作
「於大の方」 桑山賀行 作

 緒川城(愛知県東浦町)に生まれる。

 父は緒川城主水野忠政、母は於富の方。

 14歳で岡崎城主松平広忠に嫁ぐ。

 翌年家康を産んだが、水野氏が織田方についたため、3歳の家康を残して岡崎を離縁された。

 後、阿久比の坂部城主久松俊勝に嫁ぎ、夫とともに家康の天下統一を支えた。

 

  「於大」は「おだい」と読みます

於大の生きた時代

緒川城址
緒川城址

 戦国時代の終わりころ、天下統一へと歴史は大きく動き始め、織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康らが活躍する。

 この時代に緒川城主水野氏の娘として生まれたのが、家康の母「於大の方」であった。

 戦国の世の女性、とりわけ小国の城主の娘於大の生涯は波瀾に満ちたものであった。

「於大の方」ゆかりの地

 緒川城址

   於大の方は緒川城(愛知県東浦町)で生まれた。

 善導寺

  自らの菩提所と定め、たびたび参詣した

  三尊来迎仏を始め、数々の寄進をした。

  「於大の方」と「徳川家康」の位牌がある。

 乾坤院

  1475年水野貞守が一族の菩提寺として創建。

  境内には水野忠政の墓をはじめとした水野氏四代

   の墓所や、水野氏歴代の位牌を祀った堅雄堂が所在

 する。

 三代の墓

     初代緒川城主の水野貞守を中央に、左に二代目水

 野賢正、右に水野清忠(於大の祖父)の墓である。

 於大公園

   乾坤院の東隣に造成された公園。

   於大の方に因んで名称がつけられた。

 

 於大公園とその周辺 

於大姫
於大姫

 於大のみち

  東浦町文化センターから乾坤院までの明徳寺川沿

 いに作られた歴史散策路です。

  桜の季節には、「於大まつり」が盛大に催されま

 す。

 

 

 おだいちゃん

  

  東浦のマスコットです

  

  よろしくね!!

 

参考:東浦町郷土資料館(うのはな館)

東浦ふるさとガイド協会では・・・

これらの史跡を案内しています

 「於大の方」ゆかりの地散策コース

 ふるさと散歩

または「東浦ふるさと講座」で勉強します