於大のみち桜ガイド

 東浦ふるさとガイド協会は、於大まつりの前後一週間於大のみちで桜ガイドを行います。八重桜の植えられた経緯、桜の種類、江戸時代の水争いの歴史、さらには於大の方のあれこれなどご案内します。29年度の桜ガイドは以下の予定で行います。

*期間  4月13日~19日

*時間  午前10時~12時  午後1時~3時

*駐車場は於大公園第一駐車場、東浦文化センター利用

 

*16日の開花状況

 白い花のシロタエ・イチヨウは満開、他はまだまだ...

  ○下図の文化センター・図書館辺りから於大の道へ入ると、白い花のシロタエが満開 

     です。一部は盛りを過ぎているものも。しかし、メインの普賢象・関山・ウコンは

   蕾が開きはじめ...といった状態。

  ○道が大きくカーブする再開広場辺りは、白い花のイチヨウが満開です。

 

 一番の見頃は四日、五日先のこの週末か!!(あくまでも筆者の予測です)

 

満開になった「イチヨウ」と美女たち        熱心に説明を聞いてくれたご夫婦

 

*17日の開花状況

 山の手橋より上流に新たに200本の八重桜が植えられました。その中にこれまでは右岸に1本しかなかった「御衣黄(ぎょいこう)」が、たくさん植えられています。その御衣黄に早くも花が咲き始めました。ウコンより緑の濃い色が特徴です。是非一度足を運んでください。

下の写真は若木に花をつけた「御衣黄(ぎょいこう)」

 

*18日の開花状況

 関山とウコンが見事に咲きそろいました。中心的なもう一つの普賢象は、二分咲きか三分咲きといったところです。木全体が花に包まれるのは二日か三日先のようです。

上の段...関山                  ウコン

下の段...施設の皆さんに桜ガイド         一部咲いている普賢象

 

*19日の開花状況

すべての桜の開花が一気に進みました、明日からはほぼ満開状態でしょう。

満開・ほぼ満開.....イチヨウ・ウコン・カンザン・ヨウキヒ・サクヤヒメ・ショウゲツ

七分咲き ...........フゲンゾウ

 

上の段...左カンザン 右ウコン

下の段...左ヨウキヒ 右サクヤヒメ

フゲンゾウ                   ショウゲツ 

訪れる方が増えました、ガイドも張り切って説明をしました。

 

*20日の開花状況

明徳寺川の両岸に桜の花の帯が連なりました、見事な景色です。咲き誇る桜の花の下の散策もよし、高台の桜見台からの眺めも抜群です。

高台の桜見台からの眺めです。まだ数日は楽しめると思います。

 

  静かな田園風景の中に浮かび上がる花の帯は、見事というほかありません。東浦町を代表する、春の美しい自然です。

 

この日もたくさんの方たちが散策を楽しみました、訪れたみなさんに八重桜の種類や特徴などを説明し、喜んでもらえました。会としての桜ガイドは終えましたが、一部会員により今日も八重桜のもとで案内をしました。

 

 

 

 

 上の図にありますように代表的な八重桜は

*関山(かんざん)... 濃いピンク色の花

*普賢象(ふげんぞう)... 淡いピンク色

*鬱金(うこん)... 淡い緑色の花

この他には濃いピンク色で菊桜、紅手まり。薄いピンク色で松月、白妙、咲耶姫、一葉。

緑色では御衣黄(ぎょいこう)...など20種類800本の八重桜が咲き誇ります。ぜひみなさんで訪れてください、田園の中で川の流れと共に八重桜を楽しむことができます。